ヘッダをスキップ

印刷用

株式会社日立金属若松

日立トップページへ

検索 by Google

詳細な検索

(株)日立金属若松の沿革
1917年
(大正6年)
帝国鋳物創立(株)創立。
1926年
(大正15年)
戸畑鋳物(株)と合併、戸畑鋳物(株)若松工場に社名変更。
1935年
(昭和10年)
国産工業(株)に社名変更。
1937年
(昭和12年)
(株)日立製作所と合併、(株)日立製作所若松工場に社名変更。
1956年
(昭和31年)
(株)日立製作所から分離独立、日立金属工業(株)設立。
1967年
(昭和42年)
日立金属(株)若松工場に社名変更。
1969年3月
(昭和44年)
日立金属(株)若松工場の小型ロール機械加工の専門工場として(株)芦屋製作所を設立。
1971年6月
(昭和46年)
日立金属(株)若松工場の熱処理工場として若松熱錬(株)を設立。
1973年8月
(昭和48年)
日立金属(株)若松工場の鋳造付帯・梱包荷役作業の会社として(株)若松サービス設立。
射出成形機用H-ALOYシリンダの受託製造を(株)芦屋製作所で開始。
1974年4月
(昭和49年)
社外向け分析調査業務開始。(若松テクノサービス)
1977年10月
(昭和52年)
日本カニゼン社と技術提携し、九州山口地区のカニゼンメッキ加工開始。(若松熱錬)
1978年9月
(昭和53年)
一般鉄鋼材料の熱処理加工開始。(若松熱錬)
1979年4月
(昭和54年)
工業用熱処理炉の設計製作開始。(若松熱錬)
1980年7月
(昭和55年)
日立金属(株)若松工場のロール加工・産業機械部品加工の工場として(株)ひびき製作所設立。
1984年4月
(昭和59年)
社外向け事故調査・解析事業開始。(若松テクノサービス)
1990年4月
(平成2年)
エンジニアリング部新設。各種産業機械の設計製作開始。(若松熱錬)
1996年4月
(平成8年)
メッキ部門にアルマイト設備設置。各種アルマイト加工開始。(若松熱錬)
2000年4月
(平成12年)
日立金属(株)若松工場の関連会社(若松テクノサービス・芦屋製作所・若松熱錬・ひびき製作所)4社が合併し、「(株)若松製作所」として発足。
2004年10月
(平成16年)
社名変更「(株)日立金属若松」とする。

免責事項や著作権など